裁判だけじゃない弁護士の仕事とは。

>

弁護士の仕事の内容とは

市役所等の無料法律相談を利用する

離婚や相続のような家族間の問題にしても、隣近所とのトラブルにしても、弁護士に依頼するべきかどうか判断に悩むことはありませんか。
また、弁護士に依頼するほどではないけれど、法律の専門家からの意見が聞きたいということもあるでしょう。
しかし、弁護士の法律相談は30分5000円が一般的な金額です。
なかには、これらの金額を出すのに躊躇する人もいるでしょう。
そんな人にも気軽に弁護士に相談できる方法があります。
それは市町村役場などで実施されている無料法律相談です。
実施される曜日や回数などは自治体によって違いますが、1回20分から30分の法律相談が無料で行われます。
相談の結果や内容によっては、その後弁護士に依頼することもできます。
事前予約が必要ではありますが、初めての法律相談としてはお勧めです。

弁護士会の法律相談

各都道府県には弁護士会という組織があります。
弁護士会とは所属する弁護士の指導や連絡、監督などの事務を行っており、弁護士は弁護士会に加入していないと活動をすることができません。
弁護士会の活動の一つに所属弁護士による法律相談があります。
弁護士会の場合は相談料が30分5000円と有料となりますが、自分が相談したい事案により弁護士を選ぶことができます。
市町村の法律相談は無料ですが、こちらから弁護士を選ぶことが出来ないので、交通事故の相談をしたかったのに離婚問題が得意な弁護士だったという可能性もあるわけです。
また、法テラスという組織もあります。
法テラスとは問題を抱えた人が利用できるサービスで、法律相談や情報提供サービスなどを受けることができます。
また、経済的に余裕がない人に弁護士費用の立替などを行っています。
法テラスでは1つの問題につき3回まで無料で相談を受けることができます。