裁判だけじゃない弁護士の仕事とは。

>

顧問弁護士の役割とは

顧問弁護士の利点

顧問弁護士の利点とは何といっても「法律の専門家である弁護士に、気軽に相談することができる」ことでしょう。
顧問弁護士の主な仕事は、法律相談や契約書のチェック、内容証明郵便等の作成やその他訴訟を起こされた、又は起こす時の対応を始めする企業の法律問題全般です。
例えば契約書の中身についてチェックしてもらいたいが初対面の弁護士にはなかなか依頼しずらいものでし、内容についても企業の概要を最初から説明しなければならなくなります。
顧問弁護士であれば企業の状況については既に把握しており、無駄な時間を取られることがあります。
また、外部の弁護士であれば相談のたびに費用が発生するわけですが、顧問弁護士であれば顧問料の中に含まれていることが多いのです。

顧問弁護士の費用

顧問弁護士のいる企業というと大企業のイメージですが、中小企業でも顧問弁護のいる企業は多いのです。
企業は顧問料を支払って弁護士と顧問契約を結ぶわけですが、中小企業の顧問料の平均は月4万円が最も多いというアンケートがあります。
中には月々1万円という企業もあり、あくまでも弁護士と企業の話し合いにより費用は決定されるのです。
顧問料で行われる顧問弁護士の仕事内容は日頃の法律相談が主です。
その他にも取引先の料金の未払いを請求する場合などに出される内容証明郵便の作成など、裁判までいかない法律問題を扱っていきます。
法律トラブルが相談だけで終わらず裁判などに発展した場合は別途費用が必要になりますが、一般の費用よりも割安になるのがほとんどです。